モモの日々

50代主婦とポメラニアンミックス、モモのカリフォルニアでの写真日記。

優しい2人の男性と、害獣問題勃発、そして赤ワインでステーキ



先日の散歩で見た、黄色とオレンジ色が混ざったバラ。
とても綺麗でした^^。


私の周りにいる人には、優しいパートナーがいるみたい。


先週の金曜日の差し入れは、1人の先生がチーズ、サラミ、ディップ等と一緒に、旦那さんが焼いたという大きな丸いパンを、6個持って来てくれました。



皆が食べた後の残りのパンしか写真に撮れなかったのだけど、プロが焼いたような美味しくて美しいパンでした。
奥さんの同僚のために、寝ないで明け方までパンを焼いていたとか‥。
素晴らしい!
私はオットの同僚のために、そこまで出来ない(^^;)。


旦那さんは料理も上手で、家では旦那さんが料理担当なんですって。
ポッチャリ太った彼女は、
「彼が作ってくれる料理は美味しくって^^。」
と、幸せそうにニコニコしながら言っていました。
「残ったのは、良かったら持って行ってね。」
と言ってくれたので、喜んで頂いて帰り、すぐさま冷凍しました。



あのパンはお茶と共におやつで。
オリーブで出来たバターもどきを塗り、庭のリンゴを煮たものを乗っけて、美味しく頂きました。
美味しいパンは、人を笑顔にする(๑˃̵ᴗ˂̵)!


そしてもう1人の優しい男性は、私の職場にいる先日ブログにも書いた『小錦ちゃん』のボーイフレンド。



前回より今日のイラストの方が、小錦ちゃんに近いです。
実際の彼女は眉間に深いシワがあるため、その大きさも相まって年齢不詳の迫力があります。


小錦ちゃんにBFがいるとは思わなかった(失礼!)。
彼女は小山のように大きいので、BFも大きいんだろうな。


昨日も小錦ちゃんは40分の遅刻、今朝も30分過ぎた頃に来たから又遅刻💢?
と思ったら、どうも車が故障して動かなくなり、ボーイフレンドに送ってもらったとか。


彼女は遠方に住んでおり、通勤に片道1時間かかります。
嫌な顔をせずに1時間運転をして(往復2時間!)送ってくれるBFは、とても優しい。
こんな優しい彼に恵まれる小錦ちゃんて、時間にルーズだけど、案外いいヤツなのかも。


❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁



『ママ、おかえり〜♪』
元気だったのは昨日まで。
ソファに横になりながらモモの写真を撮っています。


屋根の穴を塞いだハズなのに、またネズミが屋根に入り込み、毎朝5時前に起こされます。
夜11時就寝なので、寝不足‥。
8時間近くの睡眠が必要な、損な体質です。
前回は大きな音で壁をガリガリやられたので、Rat(大きいネズミ)。
今回は音が小さいので、軍曹はマウスだろう、と言います。


プロに任そうよ‥と何度も言っているのに、自分がやる、と言い張る軍曹。
4日前にネズミ取りを何箇所かに仕掛けたのに、昨夜かかったのはリス。
屋根からリスが玄関の前に落ちて来て、気絶をしていました。
軍曹が水をかけたら目を覚まし、逃げて行きました。
私がプロにお金を払うよ、睡眠が欲しいよ‥と言っているのに、なぜそこまで自分でやりたがるのか不思議。



『モモもダディのことは、よくわからないよ。』
そうだよねえ。


❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁



軍曹が赤ワインを開けて、外にあるグリルでステーキを焼き始めました。



沢山盛り過ぎて、いかにも素人の盛り付けです^^;
付け合わせは、作り置きのキャロットラペ、グリーンピースのニンニク炒め。
真ん中はハッシュブラウン(ハッシュポテト)。
レンジで加熱したジャガイモをチーズをおろすようにすりおろして、オリーブ油で焼いて塩をかけたもの。シンプルですが、美味しい^^。
庭のトマトと庭のナスをグリルして、バルサミコ酢とオリーブ油で和えたもの。



美味しく頂きました。
気のせいか、お肉を食べて元気が出て来たような気がします^^。



×

非ログインユーザーとして返信する