モモの日々 in カリフォルニア

50代主婦とポメラニアンミックス、モモのカリフォルニアでの写真日記。

モモの出勤日、懐かしのインターコンチネンタル



今朝、オットから写真が送られて来た。
なんとも嬉しそうなモモ♪
オットと共に出勤して、同僚にこの写真を
撮って貰ったらしい。


モモはワンコ用の社員証を持っているし、
この会社の敷地内にはドッグラン完備。
犬好きの社員が多い‥とみた。
人懐っこいモモは、犬好きさんから
チヤホヤされる。


楽しそうなモモを見て、私も元気を貰った。
時差ボケもあり、そろそろ疲れが出たみたい(^^;)


⋆*❁*⋆ฺ。*.



時間に自由がきく仕事をしている弟が、
昨日は横浜まで来てくれた。
母と弟と3人で、インターコンチネンタルホテル
でお昼ご飯を食べた。


ここには30年前に社員旅行で来た^^
会社は茅場町にあり、社員は皆東京近郊在住。
順番で幹事を任された私と先輩は、
都内近郊のホテルに泊まりたい‥
という皆さんの希望を叶えるべく、
当時は目新しかったここにした。


手配は面倒だったけれど、
幹事は特別にスイートルームに泊まらせて
くれたのは良かった。
人生初のスイートルームは、
女性の先輩と一緒。
後にも先にもスイートルームの経験は
アレだけ‥(^^;)



隣に会議が出来る建物が併設されていたので、
レストラン内はスーツ姿の方が沢山いた。



窓から見える氷川丸。




頼んだのはお昼用の小さな懐石。



弟は外国で無職の学生を15年近く
続けていたので、日本で仕事に就くことが出来
私も母もホッとしている。



お腹が一杯になったので、横浜をぶらぶらし
弟とは別れた。



スタバは高い!
と思いつつ、アメリカにはない春のイラストの
ステンレスボトルとサクラシフォンを購入。
シフォンは道明寺を思い出させる風味があり、
美味しかった。
ボトルを買ったからか、好きな飲み物一杯無料券
をもらった。
次回は、店で1番高い飲み物を頼もう(^^)。

『旅屋おかえり』、デジタルアートの世界で迷子💦



実家から東京に行くには、かなり長い時間
電車に乗っている。


原田マハさんの『旅屋おかえり』シリーズ2冊目
は、1冊目と共に、心温まる話だった。
電車の中で、思わず涙してしまった。
若い時に好きだった人を待ち続けるのは、
お話の中の世界だよなあ、と思いつつ‥


𓂃 𓈒𓏸₊❀̥୭. ⚘˖*. 


一昨日の築地・有楽町からの続きです。



友人と地下鉄神谷町駅より外に出て、
目に入って来たのはピンク色の花!



麻布台ヒルズのビルの前には、
河津桜の木が数本あった。
こんなビル街にも桜なのねえ‥
とちょっと感動。


このビルを入った所には、エシレバターの
ベーカリーがあった。
クロワッサン1個が540円、650円と高いのに、
ここにも列が‥
美味しいパンだったら、お金に糸目をつけない
方が多いのね。


ここに来た目的は、チームボーダーレスの
デジタルアートを見るため。
友人はお台場編に数回行ったらしく、
この友人の勧めでチケットを買った。
友人は別に用があるとかで、ここで別れた。


チケットは3週間前に買っておいた。
当日は全チケットが売り切れ。
噂に聞いていた通り、大盛況みたい。


どんな感じかとドキドキしながら入ると、



この部屋が出迎えてくれた。
『絵は動いて行く』との説明通り、
音楽と共に絵が変わって行った。



壁も天井も床にも動く絵。
『ボーダーレス』とはこのことか‥



サンフランシスコで見た、
ゴッホのデジタルアート展と同じだった。
違いは、館内に花のような匂いが流れていたこと



現実離れをした不思議な世界だった。



丸い玉で埋め尽くされた部屋は、
草間彌生さんのアートとちょっと似ていた。



この習字のような絵も、刻々と動いていた。


もう堪能したから帰ろう、
‥と思ったら出口が分からない💦
なんせボーダーレスなので、
出口の表示が何もない。


係の方を見つけて聞いたところ、
「最初の花の所へ行ってください。」
行ったけれど、『出口』の表示はないよ‥
迷っているうちに館内の喫茶店へ。
喫茶店の方も「花の所へ。」
今度は花にも辿りつけず‥
3人目の係の方は出口のサインまで案内して
くれたので、なんとか外に出られた。


私のように極度に方向感覚のない方には、
このミュージアムに1人で行くことを
お勧め出来ない(^^;)


˚*𓂃 𓈒𓏸. ₊❀̥୭. ⚘˖*.



夜は買ったもの、作ったものを、
母と白ワインと共に。



デザートは中村藤吉の生茶ゼリー。
ミュージアムを出た所に店があったので、つい‥
やっぱりいつ食べても美味しいなあ。
癒しのゼリー^^。

18品目の朝ごはん、『ゴディパン』の誘惑



実家の庭の梅に来ていたメジロ。
クリっとしたお目々が可愛い。
忙しそうに花に顔を突っ込んでいたので
調べたら、甘い蜜が大好物なんですってね。


さてさて、母は近所の人の状況について、
やたら詳しい。
同じ年代の近所の方々は、倒れて救急車で
運ばれたり、施設に入ったり、空に行かれたり。
「急に電気が付かなくなると心配だから、
息子さんに聞いたのよ。」


人気ブロガーさんのブログに、その方の
行動を気にする『セコム婆さん』が登場する。
「あんまり根掘り葉掘り聞くと、
セコム婆さんと思われるよ💦」
とは言ったものの、1人暮らしのお年寄りが
倒れているのも困るし‥。
近所に1人くらい『セコム婆さん』は
いる方がいいのかな‥(^^;)


❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁


昨日は、東京在住の友達と待ち合わせて
築地本願寺へ行って来た。



目的はモコさんが紹介されていた朝ごはん。



18品目もあるなんて素敵!
食べてみたい、と友人に付き合ってもらった。
何よりも驚いたのは、すごい人だかり。
広い店内も待合室も、人、人、人‥
男性は1人しかいなかった。
女性パワーはすごい。


オカズは、どれもとても美味しい。
ただ、おかゆでなく、ご飯の方が嬉しかった。
‥と言いつつ、おかゆをお代わりしましたよ



ここはパフェもランチも美味しそう。


❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁


有楽町に『世界で初めて』ゴディバのベーカリー
が開店したらしい。
整理券がないと入れない程人気で、
友人が待ち合わせ前に整理券を取ってくれた。
(後で店の方に、ライン登録で予約が出来ると
聞いた)
‥ということで、その後有楽町に向かう。


銀座のジムに毎日通っているという、
有閑マダムの友人は、東京通。
極度の方向オンチのワタシは、ただ彼女と
喋りながら歩くだけで、どこを歩いていたか
検討もつかない💦



検討もつかない中出会ったのが、
料理道具屋さん。
所狭しと色んな道具があり、もうワクワク♪
ちょっと寄らせてもらい、ステンレスの
グレープフルーツ絞り器と、揚げた天ぷらを
置く網を購入。
こういう道具は、日本は世界一だと思う。
店の前に立っている方は外国人。
珍しい道具が沢山あるので、外国の方も
惹きつけられるんだろうな。



雨降りだったので、地下道に移動。
もうここには2度と来られないだろう‥
と出会ったアート作品をパチリ。
ただのガラスの寄せ集めに見えるけど(失礼!)
アートなのねえ‥



さて、こちらが噂の『ゴディパン』。
老いも若きも男性も女性も、整理券を持った
人達で作られた長蛇の列。
日本人は新しいものが好きなのね。
このパン、1個500円弱するが、皆さん、
沢山買われていた。



私が買ったのは、右からチョコの棒パン、
チョコを練り込んだクリームパン、
上にチョコがかかったカレーパン、
花の形のチョコあんぱんと、冷蔵ケース内の
チョココルネ。


チョココルネは濃厚なチョコクリーム入り。
カレーパンのカレーは甘くなくて美味しく、
上のチョコも甘くなく、コクを加えていた。



チョコクリームパンとあんぱんは、
今日の朝食に。
どれも美味しかったが‥


あんぱん、クリームパン、カレーパンに
ゴディバのチョコを加える必要はある?
というのが感想。
チョココルネも美味しかったけれど、
1個500円近くするなら、ワタシは
仙太郎のおはぎを2個買って、
お釣りをもらう(^^;)。


‥という感想を持ったけれど、店頭に行くと
甘い匂いに釣られて、つい買ってしまった💦



タイトルを『ゴディパンの誘惑』にしたが、
正確に言うと
『有楽町地下の誘惑』だったかも‥。
新潟地方のアンテナショップを見つけて、



『金賞受賞』と書かれた『鶴亀』を
1本購入。
その後富山のアンテナショップを見つけたが、
他に行く所があったし、この時点で既に
荷物が重かったので断念。
有楽町は買い物の誘惑が多い‥


そしてもう1箇所、東京の人気スポットに
行ってみた。
続く