モモの日々 in カリフォルニア

50代主婦とポメラニアンミックス、モモのカリフォルニアでの写真日記。

『オジサン体験』で得た教訓、揚げ物もどき

ブロガーさんの『頂きりりちゃん』の記事を読み、初めてこういう事件があったことを知った。
ネット論客のポンデベッキオ氏は『何者でもない中年男性に無償の愛を与えてくれる女性は、年老いた母親だけ』と書いていた。
なるほど。
でも恋をしちゃったら、そんなことは頭から抜けるんだろうな。


恋愛体験が少ないと脳が若者の時のままで、若い子にしかときめかないのかなあ、と思う。
昔、お見合い番組を見ていた時、恋愛をしなかった47歳男性が3回出場していた。
彼に『いいね』をつけた30代後半女性には見向きもせず、20代前半女性に『いいね』を押し続け、成就しなかったことを思い出した。


りりちゃん、9年後にムショから出た後、同じことをしそう^^;


(ママ、お散歩に行こう♪)


ついでにワタシの『オジサン体験』を思い出した。
りりちゃん事件とは全く関係ない。
ワタシはとても真面目な大学生で、パパ活などしたことはなかった。
‥ただ、食い意地が張っていただけ^^;


大学3年生の時、ゼミ論を書くために大学校内の書店で、本を数冊注文した。
その時の担当者が、その後関わって来た『オジ』。
そのオジは40代前半だったが、20歳そこそこのワタシから見たら、充分にオジサンだった。


(フライドエッグポピーの季節。至る所で咲いている)


本はその人の興味を表すもの。
スペイン関係の本を注文したワタシにオジは、
「そうだ!この近くのスペイン料理店のアレが美味しいんですよ。
食べに行きませんか?」


どこそこの何々が美味しい‥の言葉に弱いワタシは、早速オジに着いて行った。
普通は着いていかないが、大学関係者だったので安心していた。


高校卒業後に広島の実家を出て関東に向かうワタシに、
「みかんちゃんが、食べ物に釣られて変な人に着いていかないか、心配‥」
と言った母の預言は当たったかもしれない。



その後も、大学構内でワタシを見かける度にオジは、
「あそこの何々が美味しいんですよ。」
の言葉をかけて来て、食欲に釣られたワタシはホイホイ着いて行った。


当時のワタシは大食いの部類に入ったかもしれない。
ワシワシ食べる若い子に、食べさせるのが趣味のオジだと思っていた。


(ゴデチアの花言葉は『変わらぬ愛』。夫婦間では揺らぐなぁ)


だんだんオジは、
「カミさんとうまく行ってないんだよ。」
とワタシに言うようになり、
→離婚するかも‥
→離婚した
→一緒に旅行に行かないか‥


なぜにワタシがあなたと旅行に?
と思ったが、それでハッと、タダでご飯をご馳走してくれる足長オジサンなどいないことに気づいた。


それからは、オジサンから逃げた。
校内はササッと歩き、本屋のある所には近づかず‥
そうしたら、以前うっかり横浜の関内でバイトしている、と言ったのを思い出したようで、なんとオジは駅でワタシを待ち伏せ‥
バイトの曜日や時間、駅のどっち側を使っている等詳細は言わなかったのに‥
怖いのでバイトも辞めた。


タダ飯は怖い‥
卒業してホッとした^^;



✿˳༚༅༚


Trader Joe'sの幻のキンパを、ようやく買うことができた。
昨夜のご飯は、キンパから。



味は美味しいし、食べたい分だけ解凍して食べられる。
一人暮らしの強い味方だ。



里芋の薄味煮にはカリカリ醤油をかけてみた。
常備菜の大根の葉とひじきと牛蒡煮。



海老とハンペンの春巻きもどきと、舞茸と紫蘇の揚げ焼きで乾杯。
春巻きもどきも美味しいけれど、舞茸と紫蘇は、毎日食べたい美味しさ♪
揚げ物もどきは日本酒じゃなくて、ビールの方がいいかな。



とビールに換えたら正解。
ビールによく合う。
美味しかった^^

×

非ログインユーザーとして返信する